質素にも豪華にも可能

墓地

納骨堂利用には料金にかなりの幅があるのが特徴で、最安プランなら5万円前後から利用可能ですが、内容を充実させた豪華なプランならば200万円以上という費用がかかる場合があります。どれを選択するかどうかは、利用者家族それぞれの想いによるところでありますので、納骨堂のプラン選択はじっくりと家族会議を行なってから決めていくのが望ましいでしょう。そのうえで最低限の標準的プランというのは一般的には50万円程という費用になっており、埋葬と永代供養を含めた最低限のプラン内容となっている事を覚えておきましょう。永代供養とは納骨堂管理者が故人を半永久的に供養し続ける制度で、やはりこれだけは最低限行なってもらいたいと思うのが、どのような家族でも一般的な感覚となっているのです。永代供養料金は決して安い費用ではありせんが、大切な故人を施設が存在する限り供養し続けてくれるという意味を考えれば、値段相応と捉える事もできるかと思います。そして納骨堂の費用というのは、これとは別に管理維持費が別途請求されるという事も覚えておきましょうね。永代供養の料金に比べればそこまで高額ではありませんが、知っておけば追加料金に驚くという状況を避けられますので確認をしておきましょう。このように納骨堂という埋葬スタイルでは、家族それぞれのやり方で料金プランが変わっていくのが特徴です。永代供養を始めとするプラン内容の詳細を事前確認しておき、納得のできる納骨堂利用を実現していくようにしていきましょうね。